HOME > よくある質問
<お問い合せ>化粧品OEMに関する疑問・質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

よくある質問 ー ご不明なことがございましたら何なりとご質問ください!

小ロット対応となっておりますが、
実際にはいくつから作っていただけるのですか?

当社は、一概に「最低1000個以上じゃなきゃ出来ません」ということはありません。当然、理想的な製造ロットがあるのですが、一方的な押し付けのロットではなく、お客様が求める数と、これに伴うコストなどを細かく打合せして、お互いの納得のいくコストと数で合意いいただいております。

化粧品は作りたいのですが、初めてなのでどうしたら良いのか?
専門知識もありませんし…

ご安心下さい。専門知識が無くても、経験が無くても大丈夫です。どのような化粧品をどういうところで販売したいのか、価格はいくらぐらいかなど大まかに構想を描いていれば、お打合せしながら、販売戦略のお手伝いをさせて頂きます。お店で売られている製品を見本で持参いただくなり、雑誌などに掲載されているものや、思い描いた絵などの案でも結構です。当社から適切なアドバイスをさせていただきます。

容器やパッケージおよびデザインなどは
どうすればよいでしょうか?

化粧品には容器やパッケージも様々なものがあります。お店でよく見る容器から、オリジナルの容器、パッケージも汎用的なものから凝ったデザインのものまで、お客様のご要望に応じた容器パッケージもご提案できます。デザインは、お客様自身でなさる場合もありますし、専門的なデザイナーさんを紹介することも出来ます。

自分で作った化粧品を
販売することは出来ますか?

出来ません! 化粧品を自分で作り、自分で使うことは、構いませんが、許可を持たない個人が販売することは、法律で禁止されています。化粧品は薬事法という法律で製造と販売に関して様々な点で規制をされており、この法律を遵守しなければなりません。

では、自分のオリジナル化粧品は
販売できないのですか?

安心してください。当社は、お客様の代わりに化粧品の製造の許可、製造販売の許可を取得しております。私どもがお客様の代行で様々な法の規制をクリアして、お客様のオリジナルの化粧品を製造し、販売するお助けを致します。この場合、薬事法では、お客様には、発売元となっていただき、私どもは、製造販売元となるのです。よって、お客様は、薬剤師の資格も要りませんし、専門課程を卒業した人も必要ありません。ただし、販売していく上で、化粧品の一般的な知識、使用法、お肌のことなどは、知っておく必要はあると思います。この点も適切なアドバイスをさせていただきます。

お問い合わせしてから、
どのくらいで製品は完成しますか?

お客様からのご依頼内容により異なります。オリジナルの製品には、品質の安定性の確認(およそ1ヶ月から3ヶ月ぐらい)が必要です。開発するコンセプトがある程度決まっていれば、試作開発から最短で6ヶ月程度はかかります。しかしながら、全く初めてでしかも難しいご要望の多い製品であれば試作完成までで6ヶ月を超える場合もあり、製品までに1年ぐらいかかるものあります。逆に処方が確定して安定性も確認が取れている処方ということでしたら、2ヶ月程度で完成できる場合も有ります。

製造した化粧品に
使用期限というものは有りますか?

化粧品は、食品と異なり賞味期限は定められておりません。薬事法では、製造日が判明できるロット番号の記載と適切な保存条件のもとで3年以内に変質するおそれのあるものについては使用期限の表示が義務づけられています。しかし、使用期限の記載が無いから、3年以上経っても大丈夫と過信するのは危険です。薬事法では、適切な場所での保管が前提となります。よって、購入後はなるべく早めにご使用頂き、とくに開封後はなるべく早めにご使用いただくことが望ましいのです。古い化粧品が出てきた場合は、分離していないか、変な臭いがしないか、色が変わっていないかを確認し、心配なら発売元に確認することをお勧めします。

薬用化粧品という文字を前面に出した製品を見ますが、
効き目があるのでしょうか?

薬事法で許された範囲内での効き目があります。化粧品には一般の化粧品と薬用化粧品があります。化粧品の定義は「体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なもの」とされており、薬用化粧品は厳密には医薬部外品の薬用化粧品に当り、「医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないもの」とされています。決定的に違うことは、化粧品は効き目の表現が出来ないもので、医薬部外品は、許された範囲内の効果効能の表現が出来ることです。以上の点で医薬部外品は販売上有利な点が多いものですが、非常に厳しい制約があり、製品ごとに許可が必要です。許可が降りるまでにかなりのコストと時間がかかります。さらに、製造するには認定された工場で製造しなければなりません。現在、当社は、医薬部外品の製造許可を得るよう準備中です。


│ ホーム │ 会社概要 │ 工場案内 │ 商品化までの流れ │ よくある質問 │ お問い合せ │